【福岡 東京】美術館&博物館イベント

横山大観 20240408 最新生活情報
「にほんブログ村」に参加してます

福岡と東京の美術館・博物館イベント:アートと文化の交差点

 ご紹介済み“主題タイトル”は上記↑”目次[開く]”をクリックし、一覧から番号横の目的“主題タイトル”を更にクリックすることで詳細内容にジャンプします。

【必見!】足立美術館所蔵の横山大観作品50点が北九州に集結! 北九州市立美術館50周年記念展 2024年4月9日(火)

本ブログ立上げ前の2020年9月に島根旅行(水彩画 作品52~56)で足立美術館に出向き、素晴らしい横山大観の日本画を見てきましたが、今回、北九州市立美術館50周年記念に、足立美術館が誇る横山大観の作品を一堂に展示します。大観の豊かな色彩感覚と独特の筆致を通じて、日本画の新たな可能性を追求したその生涯と作品をご覧いただけます。

また、北九州市立美術館の50年の歩みを振り返る特別展示も行います。美術館の成長と共に、訪れる皆様にとっての思い出や感動も共有できる場となることでしょう。この機会に、横山大観の世界を深く探求し、美術館の歴史と未来を一緒に祝いましょう。詳細は下記URLリンク(他の情報も含め)をご参照して頂ければ幸いです。

横山大観 20240408

終了まで27日

会場:北九州市立美術館 本館 企画展示室
会期:2024年4月6日(土)~5月19日(日)
開館時間:9:30-17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日または振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)

観覧料:一般1,700(1,400)円、高大生1,300(1,100)円、小中生900(700)円

北九州市立美術館 足立美術館所蔵 横山大観展: https://kmma.jp/exhibition/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8%E6%89%80%E8%94%B5%E3%80%80%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E8%A6%B3%E5%B1%95/

横山大観: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E8%A6%B3

北九州市立美術館
https://kmma.jp/

足立美術館
https://www.adachi-museum.or.jp/en/

東京都美術館 スケジュール – 2024年
https://www.tobikan.jp/exhibition/index.html

年間スケジュール(2024年度) | 福岡市美術館
https://www.fukuoka-art-museum.jp/exhibition/?y=2024

【2024年】福岡県の展覧会&アートイベント情報一覧
https://www.tokyoartbeat.com/events/localAreaId/2IEnO8LWt7AwD2NVPjnmpq.
福岡県の展覧会 | 展覧会情報 | 美術館・展覧会情報サイト
https://www.artagenda.jp/exhibition/index?region=40

東京都内のおすすめ美術館13選!アート巡り
https://rurubu.jp/andmore/article/12022

東京都内のおすすめ展覧会情報[2024年版]美術館&博物館での開催スケジュール、展示アート作品も
https://www.fashion-press.net/news/107590/2#793671

印象派のフロンティア:ウスター美術館所蔵、モネからアメリカへの旅 – 2024年3月29日(金)

水彩画を描きながら、本カテゴリーが作成できておりませんでした。今回、上京した際、家族が出向いたこともあり(私は都合で行けず)今後、癒しの一環として福岡、東京の美術館のイベントを中心に上げさせて頂こうと思います。

この新カテゴリーでは福岡と東京の美術館と博物館のイベントを紹介し、アートと文化の交差点を探求するためのものです。今回は印象派のフロンティア:ウスター美術館所蔵、モネからアメリカへの旅というイベント、印象派の美術がどのように海を越えてアメリカで発展したかを示す貴重な機会となります。

また、この新カテゴリーでは、美術館や博物館が提供する癒しの空間を共有し、より多くの人々がアートと文化の魅力を体験できるようにすることを目指します。これから福岡と東京の美術館・博物館イベントの最新情報をお届けしますので、どうぞお楽しみに!

下記から東京都美術館のURL内に記載された今回の見どころを記載しました。本イベントは後1週間で終了となります。桜見も兼ねていかがでしょうか。関連URL(イベント)を含め参考にして頂ければ幸いです。

■印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
Frontiers of Impressionism: Paintings from the Worcester Art Museum

みどころ

1. モネ、ルノワール、カサット 名だたる画家たちの作品が集結
ウスター美術館のコレクションを中心に、モネやルノワールなどのフランス印象派やアメリカ印象派を代表するハッサムなどの油彩画約70点を展示します。そのほかクールベ、コロー、シスレー、ピサロ、カサット、サージェント、ホーマー、セザンヌ、シニャックら40人以上の画家の作品が集結します。

2. 海を越えて花開いた “アメリカ印象派”
フランスで生まれた印象派は、海を越えて広がり、アメリカ各地で独自に展開していきました。その技法はニューイングランドの田園風景や西部の自然の驚異など、アメリカらしい主題にも応用されていきます。本展では、これまで日本で紹介される機会の少なかった、“アメリカ印象派”の知られざる魅力を堪能いただく貴重な機会となります。

3. 日本初公開!ウスター美術館コレクション
ウスター美術館は、開館当初から同時代美術として印象派の作品を収集し、1910年にはモネの《睡蓮》を美術館として世界で初めて購入しました。本展は、ウスター美術館の珠玉の印象派コレクションを紹介する日本で初めての機会となります。

展覧会基本情報
会期2024年1月27日(土)~4月7日(日)
会場企画展示室
休室日月曜日、2月13日(火)
※ただし、2月12日(月・休)、3月11日(月)、3月25日(月)は開室
開室時間9:30~17:30、金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料
一般 2,200円(2,000円) / 大学生・専門学校生 1,300円(1,100円) / 65歳以上 1,500円(1,300円)

 

タイトルとURLをコピーしました