2022年9月21日からの最新イベント情報Ⅱ

最新生活情報
  1. 注目のイベント:2022年9月21日からのハイライト
    1. 九州交響楽団 第423回定期演奏会:アンティ・シーララが初登場し、美しい旋律の饗宴を提供  2024-5-25(土)
    2. 九州大学 芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団 第54回定期演奏会学生たちの情熱が奏でる、春の訪れを告げる音楽祭 2024-4-29(月)
    3. 仲道郁代 ピアノ・リサイタル2024 福岡シンフォニーホールでの感動を共有しよう 2024-02-23(金)
    4. 2024年2月17日 福岡市美術館で開催された「ジャズを聴きたくて~国府弘子プレミアム・コンサート」 レビュー 2024-2-17(土)
    5. 福岡市美術館で国府弘子さんのジャズコンサート!2月17日(土)に開催 ご紹介  2024-1-17(水)
    6. 近藤タケユキTKSカルテット Jazz in 多聞櫓 野外コンサート 出向いて来ました 2023-11-12(日)
    7. 近藤タケユキTKSカルテット Jazz in 多聞櫓 11月12日(日)のご紹介  2023-11-4(土)
    8. 山中千尋 新アルバム『Dolce Vita』発売記念の全国ツアー  残り2か所のご紹介 2023-10-3(火)
    9. 阿波踊り 2023 東京高円寺阿波踊り、その他 阿波踊り情報 2023-08-10(木)
    10. 福岡科学館 7/22(土)~9/3(日) 特別展「ざんねんないきもの事典」 ご紹介 2023-7-19(水)
    11. 世界水泳 福岡大会におけるブルーインパルス展示飛行情報:2023-07-14(金)
    12. 新春 福岡市美術館 jazzを聴きたくて  2022-12-13(火)
    13. 阿波踊り 2022 小金井阿波踊り 東京高円寺阿波踊り、その他 阿波踊り情報 2022-09-21(水)
「にほんブログ村」に参加してます

注目のイベント:2022年9月21日からのハイライト

 ご紹介済み“主題タイトル”は上記↑一覧から番号横の目的“主題タイトル”を更にクリックすることで詳細内容にジャンプします。

右下はおすすめリンクです。後程、見て頂ければ幸いです。・・・

おすすめ お土産 ちょっと良いね
九州 最新 四季の花々
絵 水彩画 おすすめ 風景

最新イベント情報Ⅰと重複期間にお知らせしたいイベントを上げさせて頂いています

九州交響楽団 第423回定期演奏会:アンティ・シーララが初登場し、美しい旋律の饗宴を提供  2024-5-25(土)

チャイコフスキー 交響曲 第6番 ロ短調「悲愴」作品74が個人的に好きな事、残り席も少なかった事から急遽、上げさせて頂きました。

開催概要

開催日:2024年7月31日(水)午後7時開演
チケット販売日:2024年5月1日(水)[会員先行:4月23日(火)]
会場 アクロス福岡シンフォニーホール
オンラインでチケット購入会員割学割ペア割おそ割団体割

[曲目]
モーツァルト/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527 序曲
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調「悲愴」作品74

出演 指揮 熊倉 優、ピアノ アンティ・シーララ

チケット料金S席:5,900円、A席:4,900円、B席:3,700円、学生:1,500円
車椅子席(限定4席):3,700円 ※学生料金でのお求めはB席のみ対象となります

九州交響楽団公式URL
http://kyukyo.or.jp/cms/15138

アクロスWEBチケット
https://www.acrosticket.jp/seat-select.php?on=1

九州大学 芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団 第54回定期演奏会学生たちの情熱が奏でる、春の訪れを告げる音楽祭 2024-4-29(月)

開催概要
日時:2024年5月25日(土) 17:30
開催日まで19日
九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団第54回定期演奏会
指揮:水戸 博之氏

[曲目]
M.ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフによる管弦楽編)
A.ボロディン:交響曲第3番イ短調
V.カリンニコフ:交響曲第1番ト短調

会場:アクロス福岡 福岡シンフォニーホール
入場料 全席自由 1,000円

お問い合わせ
九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団 広報
TEL:070-1358-1313
E-MAIL:geikooke.PR@gmail.com
https://geiko-oke.com/

九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団第54回定期演奏会

今回、まだチケット販売が終了してないと思われる分で、個人的に好きな演奏曲があった演奏会を選ばせて頂きました。

Youtubeに上がっていた演奏曲のURLを貼らせて頂きましたので、下記内容も含め、ご参考にして頂ければ幸いです。

・ムソルグスキー/はげ山の一夜
https://www.youtube.com/watch?v=64zuf0F46B4

・ボロディン:交響曲第3番
https://www.youtube.com/watch?v=XdSOK-QnCvA

・カリンニコフ 交響曲第1番 Kalinnikov / Symphony No. 1 in G Minor
https://www.youtube.com/watch?v=oiOe72qg2vY

九州大学 芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団

通称「芸工オケ」は九州大学芸術工学部の学生を中心とする学生オーケストラです。大学・学部を問わず幅広いメンバーで活動しています。
主な活動として、アクロス福岡 福岡シンフォニーホールで行う「定期演奏会」と九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟ホールで行う「学内演奏会」、この二つの演奏会を毎年行っています。他にも、アンサンブルコンサートや福祉施設などへの依頼演奏を行っています。(Web情報)

第54回定期演奏会ポイント

学生たちの情熱あふれる演奏: 九州大学 芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団は、全国から集まった優秀な学生で構成されています。日々の練習を重ね、本番では情熱あふれる演奏を披露します。
多彩なプログラム: 今回の定期演奏会では、ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフといったロシアの作曲家による作品が演奏されます。重厚でドラマティックな作品から、美しい旋律の曲まで、バラエティ豊かなプログラムをお楽しみ頂けると思います。

指揮:水戸 博之: 指揮は、水戸博之氏が務めます。水戸氏は、これまでに数々のオーケストラを指揮し、高い評価を得ています。今回の定期演奏会でも、水戸氏の卓越した指揮によって、演奏会がさらに盛り上がることでしょう。

詳細情報やチケットの購入は、公式ウェブサイトをご覧ください。

アクロス福岡 九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団第54回定期演奏会
https://acros.or.jp/events/14082.html

アクロスWEBチケット
https://www.acrosticket.jp/seat-select.php?on=1

仲道郁代 ピアノ・リサイタル2024 福岡シンフォニーホールでの感動を共有しよう 2024-02-23(金)

日本を代表するピアニスト、仲道郁代さんのピアノ・リサイタルが2024年4月27日(土)に福岡シンフォニーホールで開催されます。このリサイタルは、ピアノ音楽の真骨頂を、楽曲にまつわるエピソードとともに届けるものとなっています。

仲道郁代さんの演奏は、その深い感情表現と繊細なタッチで聴衆を魅了します。今回のリサイタルでは、ベートーベンの「ピアノ・ソナタ第14番『月光』」や「ピアノ・ソナタ第8番『悲愴』」、ショパンの「幻想即興曲」、「バラード第3番」、「英雄ポロネーズ」など、名曲の数々が演奏される予定です。

仲道郁代 ピアノ・リサイタル 2024年4月27日(土)

チケットは一般発売中で、S席は6,000円、A席は5,000円(学生券:3,000円)となっています。25歳以下の方が対象となる学生券の取り扱いはアクロス福岡チケットセンターとエムアンドエムのみとなっている様です。公演当日は必ず学生証をお持ちください。

この機会に、仲道郁代さんの感動的な演奏をぜひ体験してみてください。音楽と共に、心に残る時間を過ごすことができるでしょう。

詳細情報やチケットの購入は、公式ウェブサイトをご覧ください。

下記に仲道郁代Official Website、アクロス福岡  仲道郁代 ピアノ・リサイタル2024、アクロスWEBチケットのURLを貼らせて頂きましたので事前にご確認頂ければ幸いです。

仲道郁代Official Website
https://ikuyo-nakamichi.com/

アクロス福岡  仲道郁代 ピアノ・リサイタル2024
https://www.acros.or.jp/events/13857.html

アクロスWEBチケット
https://www.acrosticket.jp/seat-select.php?on=1

2024年2月17日 福岡市美術館で開催された「ジャズを聴きたくて~国府弘子プレミアム・コンサート」 レビュー 2024-2-17(土)

プログラムは、2015年発売のアルバム「ピアノ一丁!」から最新 24thアルバム「ピアノ・パーティ(Piano Party)」までの楽曲を中心に構成。国府さんの軽快なピアノ演奏と、親しみやすいトークが織り成す、心地よい時間が流れました。

ピアノ・パーティ 国府弘子

演奏の合間に、レガシーピアノに刻まれた36人の偉大なアーティストのサインについて紹介された場面では、ボサノバ界の巨匠セルジオ・メンデスの話題に。国府さんのリードで、会場全体が一体となって「マシュ・ケ・ナダ」の出だしを歌うなど、温かい一体感に包まれました。

また、NHK-Eテレに出演されていた頃の話も披露され、ジャズがより身近な音楽に感じられる貴重な時間となりました。

国府さんの圧倒的な演奏技術と、明るく親しみやすい人柄に魅了されたコンサートでした。

下記に演奏されたレガシーピアノ、レガシーピアノ保存プロジェクトHP、国府弘子オフィシャルHP URLを貼らせて頂きました。

レガシーピアノ、保存プロジェクトHP URL
https://specials.nishinippon.co.jp/legacy-piano/

国府弘子オフィシャルHP URL
http://kokubuhiroko.net/

尚、次回の福岡公演は、2024年9月7日(土)「国府弘子スペシャルトリオwith小野リサ」、宗像ユリックス ハーモニーホールにて、小野リサさんを迎えたスペシャルトリオが開催されます。ジャズファンはもちろん、音楽好きな方なら誰でも楽しめるコンサートなので、ぜひ足を運んでみてください。

福岡市美術館で国府弘子さんのジャズコンサート!2月17日(土)に開催 ご紹介  2024-1-17(水)

国府弘子×ヤマハCFXピアノのコラボが実現! ジャズ界のスーパーレディの魅力を堪能できるプレミアム・コンサート

ジャズを聴きたくて~国府弘子プレミアム・コンサート

2024年2月17日(土)に行われる『ジャズを聴きたくて~国府弘子プレミアム・コンサート』です。ピアノ界のスーパーレディ、国府弘子さんが、福岡市美術館のレガシーピアノを弾いてくれるという、貴重な機会です。

開催日:2024年2月17日(土)
開演時間:[1st stage]13:30開演/14:30終演予定(開場 13:00)、[2nd stage]16:00開演/17:00終演予定(開場 15:30)
会場:福岡市美術館 1階 ミュージアムホール
料金:1名様 1500円 (全席自由) ※入場料は当日受付で支払い。 (現金のみ)
定員:160名

プログラム ・A列車で行こう ・枯葉 ・きらきら星でジャズ講座 他 ※演奏曲目は変更になる場合があります。

国府弘子さんは、国立音楽大学卒業後、単身渡米してジャズを学び、1987年にデビューしました。自己のトリオやソロピアノでの演奏、またオーケストラとの競演まで幅広い活動を展開し、全国的な人気を集めています。ジャズの魅力を存分に味わえるプレミアムな時間を、ぜひご一緒に。

[レガシーピアノ]

レガシーピアノとは、福岡市美術館が収蔵する、歴史的にも価値の高いピアノのことです。その中でも、今回のコンサートで使用されるのは、ベヒシュタイン社製のグランドピアノです。このピアノは、1930年に製造されたもので、かつては福岡市の名士、松永安左エ門氏の所有品でした。松永氏は、福岡市美術館の前身である福岡市立美術館の初代館長でもあり、多くの美術品や書画を寄贈しました。その中には、このピアノも含まれています。このピアノは、松永氏の邸宅で、多くの芸術家や文化人が演奏したと言われています。その歴史と音色を、ぜひお楽しみください。

コンサートは、同日2回公演となります。[1st stage]は13:30開演、[2nd stage]は16:00開演です。会場は、1階のミュージアムホールです。料金は、1名様1500円(全席自由)です。入場料は、当日受付で支払い(現金のみ)できます。定員は160名ですので、お早めにお申し込みください。申し込み方法は、下記、福岡市美術館URLになっています。

福岡市美術館で、ジャズの響きと美術の魅力を、ぜひご堪能ください。詳細は下記URLをご参照ください。

福岡市美術館 レガシーピアノ収蔵記念『ジャズを聴きたくて~国府弘子プレミアム・コンサート』
https://www.fukuoka-art-museum.jp/event/106839/

福岡市美術館
https://www.fukuoka-art-museum.jp/event/

近藤タケユキTKSカルテット Jazz in 多聞櫓 野外コンサート 出向いて来ました 2023-11-12(日)

最初は曇り空で、しかも寒いスタートでしたが、次第に盛り上がり、手拍子も続き、最後は晴れ間が見えて楽しい野外コンサートになりました。1時間の予定でしたがアンコールにも応えて頂き、マツケンサンバIIで盛り上がり、寒い中、1時間20分も頑張って頂きました。メンバーの皆さん、全員かっこよかったです・・・ 時にベースのYukiさんの笑顔最高でした。事前案内で写真でのSNS等はOKとの案内でしたのでアップを上げさせて頂きました。

近藤タケユキTKSカルテット Jazz in 多聞櫓

演奏頂いた曲は下記の楽曲でした。(ちょっと間の1曲が抜けています。すみません・・・)

・黒田節
・君は天然色
・涙のキッス
・東京ブギウギ
・飛行艇
・やさしさに包まれたなら
・私の青空
・マツケンサンバⅡ

メンバーは下記パンフレット、URLをご参照ください。

近藤タケユキTKSカルテット Jazz in 多聞櫓 11月12日(日)のご紹介  2023-11-4(土)

【Jazz in 多聞櫓】
11月12日(日)14:00~15:00 (13:00開場) 無料・定員200名(先着順)アーティスト:近藤タケユキTKSカルテット
耳馴染みのあるポップスから和や秋にちなんだ曲を演奏します。
※屋外コンサートです(雨天中止)。座席はございませんので、レジャーシートなどの敷物をご持参ください。

Jazz in 多聞櫓

関連URLと最下位にyouitubeに涙のキッスの演奏が上がっていましたので貼らせて頂きました。

共催:公益財団法人 福岡市緑のまちづくり協会 舞鶴公園管理事務所

お問合せ:福岡城むかし探訪館(092)732-4801

”多聞櫓Week”のご案内 | 【公式】福岡城・鴻臚館
https://fukuokajyo.com/tamonyagura-week-2023/

「JAZZ in 鴻臚館」のメンバー紹介 | 【公式】福岡城・鴻臚館

近藤タケユキTKSカルテット&form=ANNTH1&refig=39d3e5cb4bb143b6a354cd8f3401cc72

涙のキッス(bossa&swingアレンジ)近藤タケユキカルテット
https://www.youtube.com/watch?v=Q2QCGMBTcbk

山中千尋 新アルバム『Dolce Vita』発売記念の全国ツアー  残り2か所のご紹介 2023-10-3(火)

私の大好きな演奏の1つをブログ1周年 特別版 山中千尋 Live In New York ~So Long~:今日の癒しの動画 2023-2-9(木)山中千尋 Live In New York ~So Long~ – YouTubeに上げせて頂きましたが、新アルバム『Dolce Vita』発売記念の全国ツアーが始まっていることを昨夜知りました。

残されたツアーは下記の札幌と川崎の2か所のみとなっていますが、是非、足を運んで頂ければ幸いです。詳細は下記URLをご参照ください。

山中千尋の公式サイト Chihiro Yamanaka Official Site
https://www.chihiroyamanaka.net/

・国内トリオで札幌2Days!
10/7(土)、10/9(祝・月) 札幌・“D-Bop”Jazz Club Sapporo

・Special Live かわさきジャズ2023
11/3(金・祝)川崎・カルッツかわさき

尚、アルバム内容は下記となっています。

新アルバム:山中千尋 Dolce Vita 

Dolce Vita

メインアーティスト:山中千尋
その他アーティスト:YOSHI WAKI、 John Davis、 Jennifer Vincent、 LaFrae Sci
オリジナル発売日:2023年08月30日

本作は、前作『Today Is Another Day』からわずか8カ月で届けられる新作。ヨシ・ワキ(b)、ジョン・デイヴィス(ds)とのトリオで全編ニューヨークでの新録音となっている。
コンセプトは、3月に逝去したジャズ・サックスの偉人ウェイン・ショーターへ捧げられたトリビュート・アルバム。今作のために山中が書き下ろした新曲「Dolce Vita」と「To S.」で幕を開けた後は、「Yes or No」や「Beauty and the Beast」、「Footprints」などショーターのキャリアを網羅した楽曲の数々が披露されている。時折オルガンなども交えつつ、山中の手によって時に大胆に、時に繊細にアレンジ・プレイされた、全ジャズ・ファン必聴の内容だ。そしてアルバムの最後には、同じく3月に逝去した坂本龍一へ捧げた2曲も収録されている。発売・販売元 提供資料 (2023/06/29

No 曲名
1 Dolce Vita
2 To S.
3 A Stranger
4 Yes Or No
5 Beauty And The Beast
6 Black Nile
7 Infant Eyes
8 Children Of The Night
9 Limbo
10 Adam’s Apple
11 Footprints
12 One By One
13 Kimi Ni Mune Kyun
14 Andata

以上になります。

阿波踊り 2023 東京高円寺阿波踊り、その他 阿波踊り情報 2023-08-10(木)

阿波踊りと言えば本場、徳島阿波踊り、昨年、SNSで東京でやっているのを知らなかった方がいらっしゃいましたので、本カテゴリーで 阿波踊り 2022 小金井阿波踊り 東京高円寺阿波踊り、その他 阿波踊り情報 2022-09-21(水) 【最新トピックス | 松藏七代 生活お役立ち部屋&趣味の部屋 (makuro7.com)】を上げさせて頂いていましたが、昨年は通常開催が7月末のところ9月に延期して開催されていました。

そのような関係もあり、今年の阿波踊り開催案内を失念しておりました。今年は既に関東の方では7月から通常通り開催されており、小金井阿波踊りも2023年7月22日 (土)、2023年7月23日 (日)で終了しておりました。昨年のご案内で安心しきっており、大変申し訳ございませんでした。

しかしながら、言い訳になりますが、7月から各地区で日程は終了しているものの、明日からは400年の歴史ある本場徳島阿波踊りの前夜祭、8月12日(土)~8月15日(火)で開催、東京最大の東京高円寺阿波踊りが8月26日(土)・27日(日)で4年ぶりに屋外開催されます。まだご存じない方は参考になれば幸いです。

尚、下記に2011年開催の東京高円寺阿波踊りのビデオからカットしたものを貼らせて頂きました。又、関連URLも併せてご覧頂ければ詳細が確認できるかと思います。

   

下記は最終日、最後の観覧者も交えた総踊りの様子です。(2011年8月30日)

2023 開催概要 NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会
http://koenji-awaodori.com/

東京高円寺阿波おどり 開催にあたって(上記URLからの分岐)
http://www.koenji-awaodori.com/about/about01.html

徳島 2023 阿波おどり公式サイト
https://www.awaodorimirai.com/

ご参考  「からだで感じる」阿波踊り (首都圏を中心の阿波踊り情報をまとめて発信されているブログ)
http://deaf-dancers.seesaa.net/
首都圏を中心に活躍する阿波踊り連の出番情報をまとめて発信してます。阿波踊りやってる人、やってみたい人、見たい人、応援したい人、ちょっと興味あるかも~の人・・・みんなで関東からも阿波踊りを盛り上げていきましょう。(本ブログ文言流用)

福岡科学館 7/22(土)~9/3(日) 特別展「ざんねんないきもの事典」 ご紹介 2023-7-19(水)

下記の内容で今週末から始まります。お子様、お孫様と一緒にお出かけしてはいかがでしょうか? 他のイベントも開催、詳細な関連URLは下記をご確認下さい。
いきものが進化するなかで身につけたり捨てたりした能力や体のしくみなどを紹介する本『ざんねんないきもの事典』。この本に登場するハリネズミやウーパールーパーなど数々の動物をじっくりと観察できる展覧会が福岡市科学館で開催。本展オリジナルのスタンプラリー帳は、ミニ冊子になっていて来場の記念にぴったり。
「どうしてそうなった!?」と思わずつっこみたくなる一生けんめいなのにどこかざんねんな動物たちに、ぜひ会いに来てください。
地下鉄 六本松駅(科学館前)3番出口から徒歩すぐ

ざんねんないきもの事典
7/22(土)~9/3(日) 特別展「ざんねんないきもの事典」
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/sp_exhibition/2023/04/-4.html

福岡科学館
https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/

映画ざんねんないきもの事典 公式サイト
https://zannen-movie.com/

世界水泳 福岡大会におけるブルーインパルス展示飛行情報:2023-07-14(金)

最後まで、どこで撮ろうか迷っていましたが福岡城天守閣跡にしました。残念ながら生憎の曇り空でした。最初は少ない人数でしたが、13時50分(飛行予定の10分前)から100人近くになり、持参した三脚も使えず断念、最初は米粒位でどうなるかと思いましたが何とか見れる最低限度のものを撮ることが出来ました。動画を撮った中でお見せできる分をカットして上げさせて頂きました。最後、地元のRKBテレビ局で撮った動画を1カットして上げさせて頂きました。

最後から2枚目は1ケだけですが、〇円を描く前の1機のカットです。

7月14日(金) 14時頃から10分程度 めったにない機会ですよ・・・
航空自衛隊 西部航空音楽隊 第60回定期演奏会(演奏会で言われたわけではありませんが・・・)のレビューのため、たまたまアクロス福岡のHPを確認していたら、ブルーインパルス展示飛行を見よう 7月14日(金)13~15時 ステップガーデン屋上展望台を開放します!のタイトルが上がっていました。

7月14日(金)

世界水泳 2023福岡大会 開会式当日の特別演出の様です。7月14日(金) 14時頃から10分程度の様ですが時間がある方、いかがでしょうか? 下記関連URLを貼らせて頂きました。

【ブルーインパルス展示飛行を見よう】7月14日(金)13~15時 ステップガーデン屋上展望台を開放
https://www.acrosfukuoka.com/news/53.html

世界水泳福岡大会におけるブルーインパルス展示飛行について 飛行ルート(概略)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/worldaquatics/charm/blueimpulse20230714.html

2023年度ブルーインパルス展示飛行予定
https://dsc.or.jp/News/view/dsc/351

新春 福岡市美術館 jazzを聴きたくて  2022-12-13(火)

先週、福岡市美術館に”2023年1月9日(祝日) ジャズを聴きたくて”の赤いポスターが目立って貼ってあり、早速、本日、URLを上げようとしましたら、西日本新聞に詳細がでていましたので、その分のURLを下記に上げさせて頂きました。

ご興味があれば申し込まれてはいかがでしょうか? 往復ハガキでの申し込みも書かれていましたが、福岡市美術館のHP内でメールでも受付されています。アーティストの関連URLも貼らせて頂きました。ご興味があれば、下記参考URLをご確認の上、お申し込み下さい。尚、申し込み締め切りが2022年12月20日です。

Fukuoka Art Museum Concert ジャズを聴きたくて~All the Things You are  西日本新聞社掲載
https://www.nishinippon.co.jp/kyushu_event/24414/

福岡市美術館のHP内受付URL
https://fihb.f.msgs.jp/webapp/form/22521_fihb_311/index.do

■アーティストの関連URL

ギター:内山 覚/ Uchiyama Satoru
https://www.otonavitai.jp/interview/vol32/

ピアノ:塚本 美樹/ Tsukamoto Miki
https://otonavitai.jp/interview/vol13/
https://otonavitai.jp/interview/vol13/kouhen.html

ベース:丹羽 肇/ Niwa Hajime
http://livecong.com/musician/detail/20

阿波踊り 2022 小金井阿波踊り 東京高円寺阿波踊り、その他 阿波踊り情報 2022-09-21(水)


阿波踊りと言えば徳島阿波踊り、SNSで東京でやっているのを知らなかった方がいらっしゃいましたので、改めてご紹介させて頂こうと調べていましたら、私も認識不足でした。コロナ禍で中止となっていた本場の徳島も今年8月に開催され、全国各地で随分と多数開催され始めております。

東京都内の分を調べただけでも数えない位あり、全国ではもっとです。本場の阿波踊りは行ったことがありませんが、数十年前、IT業界内での話を聞いた限り、当時は招待され、すごいの一言だったとか・・・等を記憶しております。

私が東京在住時、高円寺、小金井の阿波踊りには見物に行ってました。衣装といい、流れるような女踊りや勇壮な男踊りの素晴らしさも勿論ですが、周りで盛り上げる太鼓やかね、笛によるおはやしのリズムの良さに感動し、時々気に入って保管していた2011年7月の小金井阿波踊りでのビデオを見て聴いております。

個人で楽しむには勿体ないと、この機会に期間限定で公開しました。(11年前のものですが、肖像権等もあるため、最低の解像度で公開) 是非、迫力ある太鼓音もお楽しみ頂ければ幸いです。(下記 参考①) 見物に行ったことがない方、更に、出向いて行けば好きになるかも・・・

又、本場の徳島阿波踊り、YouTubeに上がっていた中、厳選した 2016年、今年の素晴らしいURL 2つ(下記 参考②③)を貼らせて頂きました。これも見て頂ければ幸いです。

尚、東京高円寺阿波踊りは8月末に終了してますが、通常7月末に開催の小金井阿波踊りが10月1日-2日に延期開催とのことで、情報(下記 参考④)として上げさせて頂きました。 又、最後に、情報通の方のブログで、これからの複数開催予定の関東秋阿波情報(下記 参考➄)が記載されております。
参考① 小金井阿波踊り 周りで盛り上げる太鼓やかね、笛によるおはやし(10/2迄の 期間限定、それ以降は写真のみ)
小金井 阿波おどり おはやし
参考② 女踊りにうっとり「うずき連」2016徳島夏の阿波おどり 傑作選❕(2016.8.12)
https://www.youtube.com/watch?v=7Y1A5dkqzyU&t=5s

参考③ 【阿呆連】一糸乱れぬ圧巻の阿波踊り2022 – Awaodori in 4K UHD
https://www.youtube.com/watch?v=3PvxVCmVOzs&t=14s

参考④ 小金井 阿波おどり情報
https://koganeiawaodori.jp/about44/

参考➄ 2022年関東秋阿波情報
http://deaf-dancers.seesaa.net/
首都圏を中心に活躍する阿波踊り連の出番情報をまとめて発信してます。阿波踊りやってる人、やってみたい人、見たい人、応援したい人、ちょっと興味あるかも~の人・・・みんなで関東からも阿波踊りを盛り上げていきましょう。(本ブログ文言流用)

タイトルとURLをコピーしました